人にとっての大切な拠点

人にとっての大切な拠点

大阪の住まいのメーカー

右に月が半分の様に見える青色と左に赤い形のあるマークを、街中で見かけた方は多いでしょう。
赤い部分は、家の形状のように見え、住まいと人の生活が楽しく映し出されている表現が垣間見ることができます。
さらに青い半円は、空のように美しく希望に満ち満ちと溢れる姿が見受けられます。
当マークの採用企業は、大阪に本店を有する積水ハウスです。
当社は、鉄骨住宅に強みがあり、また木造も手掛ける住宅メーカーです。
同じく大阪本社の住宅総合メーカーに次ぐ売上を有する積水ハウスは、住宅の販売戸数はトップ級です。
トップの売上を有する前述の住宅総合メーカーは、東京にも本社組織を持ち、工業化住宅のパイオニアとして上場しています。
一方の積水ハウスも1970年に2部上場を果たした後、翌年東京・大阪両証券取引所の一部に指定替えしています。
傘下に、不動産の売買や新築分譲マンション・一戸建て及び土地の有効活用まで扱う不動産会社、数多くの営業所を全国的な規模で展開するリフォーム会社を有し、特に関西系の旧都市銀行の会員として、金融機関とのパイプも太いです。
もともと住宅、環境・ライフライン、高機能樹脂で有名な一部上場企業のハウス事業部として設立された経緯をもつ積水ハウスは、1963年に独立し、現在は連結対象外です。
歴史的には、液晶・自動車関連に強く、環境や医薬分野にも拡大している母体企業の特性の一つであるプラスチックを材料として、住宅を作ることに注力を置いた実績があります。
プラスチックを使う技術に、コスト低減を狙って鉄骨とミックスさせたプレハブの住宅に活路を見出したのです。
今でも大多数の人がご存知の積水ハウスは。
上述の綺麗で素敵なマークの示すように、今後も家づくり部門で活躍する一社でしょう。

おすすめ情報

  • 学生会館をお探しなら物件数が豊富なこちらのサイトをご覧下さい。

Copyright (C)2018人にとっての大切な拠点.All rights reserved.