人にとっての大切な拠点

人にとっての大切な拠点

建築における専門業者

防水は防水業者に頼み、大工は大工工事業者にお願いし、配管などの設備に対処する管工事は管工事業会社が担当する風潮があります。
建築業者は、日本を支える重要な職種であると同時に、多彩な専門工事業者が存在します。
一方で、戸建建設に強い工務店に加えて、住宅を専門に提供するハウスメーカーなど多くの種類があります。
また不動産を見てみますと、地域特化型を極めた会社の他に、全国展開している企業など様々です。
さらにマンションに特化し得意とする業者以外に、戸建て・マンション売買に加えてコンサルティング事業まで展開する業者もあるのが現状です。
不動産業の場合には、宅地建物取引業免許を都道府県知事から受ける義務があり、また複数の都道府県での営業であれば国土交通省大臣の免許が必要です。
変形土地など不動産査定するのには、鑑定評価に関する法律に基づく国家資格であり、ローンを扱う銀行にも存在する不動産鑑定士も必要になるケースもあるでしょう。
建設業はどうでしょうか?
原則として、請け負う工事ごとに許可を受ける必要があります。
請負形態には、工事受注者として直接契約して仕事を実施する、ゼネコンで多く見られる元請、当該形態から仕事をさらに引き受けて行う下請があります。
また、個人事業主や法人の区分けもできますが、規定する軽微な工事を除いて必要です。
もちろん、事業主が一人である一人親方や孫請けとの呼称もある二次下請け、さらに三次下請けであるひ孫請けも含まれますので注意が必要です。

Copyright (C)2018人にとっての大切な拠点.All rights reserved.