人にとっての大切な拠点

人にとっての大切な拠点

さまざまな敷地に建てられる住宅

日本は敷地面積が狭く、新築で家を建てられるスペースも限界があります。
そこで、注目されているのが、今までは住宅としての用途が考えられてこなかった、狭小敷地や変形敷地です。
狭小敷地とは、住宅を建てるのはちょっと狭い坪数の土地で、通常は15坪以下の場所に建てられることを指します。
また、変形敷地とは、三角形や細長い土地など、通常の四角形の土地ではない場所のことを指します。
共に、地盤の強弱よりも、人間が住んでいく上で、生活に支障が出るのではないかと考えられてきました。
しかし、建築技術の発展やさまざまな工夫により、狭いながらも住みやすく、形も独特な住宅を作ることができるということもあり、人気になっているのです。
土地が狭く、人気がないとなると地価は下がります。
狭小であれば、土地代も安く、戸建てを安価で手に入れたい方にはお勧めです。
ただし、一般の家を業者が建てるのは相当困難で、さまざまな制約が出てくるということは覚えておきましょう。
テレビなどで放送される「訳あり物件」というのは、狭小敷地や変形敷地に立っているものも多く紹介されています。
しかし、交通面などのアクセスをチェックすると、都心であったり、最寄り駅から近かったりする場合もあるのです。
土地の周辺情報はしっかりと調べておくと、さらに魅力が沸いてくることでしょう。
現代の技術が不可能を可能にした狭小住宅は、現代の土地不足の中で戸建てが欲しい人にとって、希望の家でもあるのです。

Copyright (C)2018人にとっての大切な拠点.All rights reserved.