人にとっての大切な拠点

人にとっての大切な拠点

一戸建ての種類を知ろう

一戸建てを購入する際には、建売住宅を購入するか、土地をご自身で購入して家を建てるかの選択肢があります。
それぞれにはメリットとデメリットがあるので、しっかりと把握した上で決めることが重要となります。
建売のものを購入するメリットは、土地と建物の価格が決まっていてわかりやすいことです。
予算がある中で一戸建てを購入するにあたり、価格が決まっていると予算内であるかどうかをすぐに知ることができるので、購入の決断をしやすいです。
また、土地と建物をまとめて住宅ローンを組めるため、購入から入居するまでの流れがスムーズで面倒なことが少ないです。
一方、間取りやデザインはすでに決まっているため、変更ができないといったデメリットがあります。
建築条件付土地を購入してご自身で注文して物件を建てるメリットは、間取りが自由に決められることや指定業者が決まっているので、業者探しの面倒がなくなることです。
また、建築プラン活用時には、価格を抑えられるというメリットもあります。
デメリットは、決められた期間内でしか家を建てることができないので、しっかりと方針を決めておく必要があることや住宅ローンの手続きを初めとした資金面の手間があるということです。
一戸建てを購入することは人生で一度きりという方がほとんどであり、簡単に決めるということは危険です。
建売住宅を購入するのも、建築条件付土地を購入し、注文住宅を建てるのもどちらもメリットがあります。

Copyright (C)2018人にとっての大切な拠点.All rights reserved.