人にとっての大切な拠点

人にとっての大切な拠点

事前の調査が大切です

戸建てを建てて購入したいと考えるとき、あるいは既に建っている戸建てやマンションを購入するときに事前にチェックしたいことがあります。
それは、土地です。
たとえば、地盤が緩いところに建っている家は、地震や地殻の変動などで、まっすぐだった土地が変わってしまったり、地割れが起こったりする可能性があります。
また、さまざまな自然災害を想定すると、家を建てるのには適していない場所というのも考えられるでしょう。
しかし、土地は素人が見たところで、何がよく、悪いのかは判断しづらいのが現状です。
たとえば、日本で多く見かけるのは埋立地ですが、埋め立てたという記録があるので、それを元に自己調査もできます。
しかし、一見は見た目が普通でも、見えないところがやわらかく、住宅を建てるには不適になる場所もあるのです。
地盤調査の専門業者に調査を依頼することで、強度が分かります。
スウェーデン式サウンディング法やボーリング試験などがありますが、費用はそれなりにかかるので、事前に調査をする場合は注意が必要です。
また、自分で調査する方法もありますが、1メートルほど掘らないとなかなか分からないため、時間と手間を考えると、業者に依頼するほうが確実でしょう。
調査の結果、住宅を建てるのは難しいとなっても、土地の補強工事を行うことで建築が可能になる場合もあります。
戸建てを建てるのは一生に一度の大勝負ですから、悔いのない住宅を建てるためにも、事前調査は念入りに行うようにしましょう。

おすすめ情報

Copyright (C)2018人にとっての大切な拠点.All rights reserved.