人にとっての大切な拠点

人にとっての大切な拠点

賃貸と購入で比較する

賃貸住宅と購入した住宅、どちらも同じ家なのですが、将来的な出費を考えると、だいぶ違ってくる部分があるようです。
まず、賃貸住宅について見ていきましょう。
賃貸物件は、戸建てをはじめ、アパートやマンション、事務所など多岐に渡ります。
当然ですが、その特徴はその建物を利用するのに、毎月費用がかかるという点です。
家賃や共益費などが発生し、毎月の負担になります。
その一方で、購入の場合はマンション、戸建て共にローンなどを組んで大きな金額を支払いますが、支払いが終わったら、それ以降は住んでいても余計なお金はかかりません。
こう聞くと、購入は余計なお金がかからなくていいなと思ってしまうのですが、実際にはメンテナンスにかかるお金があります。
リフォームや故障した箇所の修理は自分のものであれば、すべて自分が持たなくてはなりません。
その一方で、賃貸の場合、大きなリフォームに関しては大家さんが費用を負担してくれることが多く、余計な費用は発生しません。
ただ、家賃に関してはどうでしょうか。
住む家のグレードにもよりますが、長い間住んでいると、住宅を購入できるほどの金額に膨れ上がる可能性もあります。
また、引っ越しをする場合、引っ越しのたびに敷金や礼金がかかり、その場限りの出費はとても大きいということになるのです。
どちらに住むかは個人の意思によって異なってきますが、将来的にかかる出費も見込みながら、選択をするといいでしょう。

Copyright (C)2018人にとっての大切な拠点.All rights reserved.