人にとっての大切な拠点

人にとっての大切な拠点

住宅ローンを組もう

家を買いたいと思ったとき、まとまったお金がなかったら、購入することができないとなってしまったら大変です。
貯蓄があったとしても、一括で支払えるのは一部の人だけでしょう。
大きな買い物をする場合、ローンというシステムがありますが、そのうち、住宅の購入に特化したものを住宅ローンといいます。
借り入れを行うわけですが、借り入れには審査があり、通らなければ融資を受けることはできません。
審査はその人の勤務状況や年収など、さまざまな要素をチェックされ、可否が決定されます。
また、ローンには金利がつきものです。
借りた総額に対して年利で発生しますが、ローンの返済方法には大きく分けて2種類の方法があります。
ひとつめは、元利均等返済と呼ばれる方法です。
これは、返済額と金利の合計をならし、毎月同じ金額を定期的に返済していきます。
毎月の金額に変動がないので、家計の負担にはなりませんが、返済は長期化する傾向にあります。
次に、元金均等返済と呼ばれる方法です。
これは、返すお金は定額のままで、その残額に合わせて金利を返済します。
返済期間が短くなるという特徴がありますが、最初のうちは返済額が大きくなるため、家計の負担になる可能性があります。
どちらも一長一短になりますが、自分の収入状況をよく見て、方法を決定するようにしましょう。
住宅ローンは、金融会社などのキャッシングと比べれば利率も低く、長期的に借りるタイプには向いています。
家を買いたいと思ったら、貯金も大切ですが、住宅ローンを組むということを視野に入れて検討するようにしましょう。

Copyright (C)2018人にとっての大切な拠点.All rights reserved.