人にとっての大切な拠点

人にとっての大切な拠点

住宅を売却したいときは

今住んでいる住宅を売却したいときには、まず不動産会社と契約をする必要があります。
ただし、賃貸の場合は解約という手続きになり、売却に関する手間は省けます。
まず、住宅を売却するに当たり、買い取りと媒介という手法がありますので覚えておきましょう。
まずは、買い取りですが、不動産会社がその該当する住宅を購入し、それを売りに出す方法です。
それに対して、媒介は、不動産会社は購入希望者を集めるだけで、物件の購入は行いません。
どちらもメリットがあり、買い取りの場合、不動産会社が必ず値段をつけて買ってくれるという点です。
媒介の場合は、売却価格が高くなりやすい傾向にあるという点です。
住宅の場合、購入してもらえるかどうかは分かりませんので、販売者はそれなりのリスクがあります。
不動産会社がそれを負担してくれることは、住宅を売りたい人からしたら大きなメリットなのです。
その一方で、不動産会社側も儲けを出すために、媒介と比べると値段を落として買い取る傾向にあります。
また、同様の考え方をすると、媒介の場合は住宅を売却するわけではないので、希望者が現れなければ売ることはできません。
売却に対して急いでいるのであれば買い取りもひとつですが、高く売りたいと考えるのであれば、媒介による手配が理想でしょう。
このように、不動産会社を第三者にはさむのはいいのですが、売却の方式によって手間や金額が異なってきますので注意が必要です。
焦って、安売りに走らないようにしましょう。

Copyright (C)2018人にとっての大切な拠点.All rights reserved.